雨宮処凛「一億総貧困時代」/知られていない日本の真実

スポンサーリンク

「え、まさか、今のニッポンでこんなことが……と思ってるあなた。
これはあなたの明日かもしれない。
雨宮さんだからこそ聞き出せた、現代ニッポンの“棄民”レポート」—–上野千鶴子氏

ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、どんな処方箋がありうるのか。<貧困問題>を10年以上にわたりさまざまな角度から追ってきた著者による、いままさに、切実な1冊。超格差・超高齢化社会の中で、今後、必然的に<弱者>となる多くの私たちは、どう生き抜くことができるのか?

(「もくじ」より抜粋)
(1)「お父さんの子どもを産みました」──虐待の末、路上に辿り着いた女性/

(2)子どもの虐待と<貧困>──見えない孤立と声なきSOS、その傍らで/

(3)介護離職から路上へ、そして路上から支援者へ──親の介護から人生が一変して/

(4)「生き残ったのが、父じゃなくて私で良かった」──<利根川一家心中事件>裁判傍聴で明らかになったこと/

(5)スーパーグローバルな「おせっかいおばちゃん」──この国で生きる外国人を支える人々/

(6)原発避難者の今──「原発はもう安全」というストーリーが生み出す<貧困>/

(7)学生が1600万円以上の借金を背負うシステム──奨学金破産1万人・日本の特殊な現状/

(8)<アリさんマークの引越社>、その「アリ地獄」的実態──剥き出しの悪意と人権侵害の企業で闘う/

(9)性産業はセーフティネットたり得るか──「風俗」と「福祉」を繋ぐ<風テラス>の試み/

(10)人の命を財源で語るな──<生存権裁判>が問いかけるもの/

(11)<相模原障害者施設殺傷事件>を受けて──<スーパー猛毒ちんどん>と、ALS患者たちの生きる実践/

(12)<座談会>それでも私たちは生きていく──30代男女に聞く「非正規労働者」の現在・過去・未来

p14
「幼い頃からお父さんに性的虐待を受けていて、一回、17歳で堕ろして、27歳で娘を産みました、自分のお父さんの子どもです」

この父親は障害年金ほしさに娘を障がい者に仕立て上げたとのこと。そのため、中学校を卒業するまで特別学級で過ごしたそうです。そういうことを思いつくだけでもどうかと思うのですが、良心があれば実行なんでできませんね。

p17
性的虐待について、彼女は警察だけでなく、役所にも助けを求めてきたという。
しかし、対応は同じ。「お前が嘘をついている」ということだった、以前、家出によって保護観察処分になった経験があるという優子さんを、世間は「非行少女」、成人してからは「素行に問題がある人」という目でしか見ないのだ。リアルタイムな暴力、そして性犯罪の被害者なのに、警察も、役所も、どこも動いてはくれない。逆に声を上げれば「嘘つき」と罵られる。

世の中にも冷たくされ、どこにも居場所がない彼女。まともに働かせてもらえないので風俗などで生活費を稼ぎ、NPOの支援などもあって今はそれなりに普通に暮らしているとのこと。けれど世の中には「普通」の生活ができずに苦しんでいる人はいっぱいいます。マスコミでは報道されませんけど。

p30
集会で高橋さんが語ったのは、施設にいる少女に、「この施設に入って一番嬉しかったことは?」と聞いた時のこと、てっきり「毎日ご飯が食べられること」とか、そんな答えが返ってくるかと思っていたという。すると女の子は「初めて靴下をはいたこと」と答えたというのだ。

離婚したため母親はいない。父親は出稼ぎのためほとんど家には帰ってこない。兄と妹の二人で暮らしていたが兄はことあるごとに妹に暴力をふるい、使いぱしりをさせ、妹は人間として扱われなかったそう。苦しい境遇の兄妹で協力し合って生活していくという発想はできなかったのかなと思います。

p64
さて、それではどういう経緯を辿って生活保護を脱却したのか。
年齢が壁となってなかなか見つからなかった仕事。それだけではない。一度など、面接までこぎつけ、採用がほぼ確定となったのに断られてしまった。理由は、高野さんが正直に生活保護を受給中だと告げたこと。
「人の金で飯食ってる奴は、うちでは雇えない」と言われたという。

ホームレスをやっていた方はNPOの支援により生活保護を受けるようになったが、仕事がどうしても見つからない。ボランティアでやっていたNPOの手伝いが仕事に結びつき、生活保護を脱却したという。自分がどこかの会社の人事担当だったら生活保護の受けている人を雇うかどうかどうか。

p138
1651万円。
この数字は、ある23歳の大学生が借りている奨学金の返済総額だ。
社会に出ると毎月約6万9000円ずつ返していかなければならないという。順調に返しても、返済が終わるのは40歳を過ぎてから。

奨学金は借金なのだから返すのは当然という意見もあるでしょうが、貧乏な家に生まれてしまった場合、大学に行くには奨学金を借りるしかありません。高卒だと就ける職業が限られて、やりたい仕事をやれなくなります。この借金制度があるのは日本だけで、他の国は返済をしなくてもいいという。なお、奨学金が返せなくて自己破産する人は1万件以上とのこと。
———-
タイトルは「一億総貧困時代」ですが、テーマは貧困とはちょっと違います。ギリギリのところで生きる人を取材した本といえばわかりやすいでしょうか。
親から虐待されて育った人、ホームレス、原発避難者、ブラック企業で働く人、障がい者などにスポットをあてて、テレビなどでは報道されないような世の中の闇について書かれています。

目をそむけたくなるような現実を見なくてはいけないので疲れている時にはあまり読みたくない本ではあります。けれど貧困問題を語るうえで読んでおくべき一冊ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク